激安!神戸市が始めた「どの席でも一律1時間100円」のワークスペースとは

激安!神戸市が始めた「どの席でも一律1時間100円」のワークスペースとは

 あらゆるスペースを簡単に貸し借りできるWebプラットフォーム「スペースマーケット」を提供する株式会社スペースマーケットは2月4日、神戸市と事業連携協定を締結し、市内飲食店の空きスペースをワークスペースとして貸し出すことを可能とする支援策「KOBE Work Space Share」を実施すると公表しました。実施期間は令和3年2月4日から令和3年3月31日までの約2カ月間でサービスの利用時間は20時まで。自治体とスペースシェア事業者の連携による飲食店支援は国内初となるそうです。

 同支援策は、飲食店で空いたテーブルを1席単位でシェアオフィスの席として貸し出すためのマッチングサービスです。席の利用料は、どの席でも一律1時間100円と激安。同支援策に登録した飲食店は、WEBサイトにて無料で一覧表示されます。席の利用を希望するユーザーは、ネットから席を予約することができます。ユーザーは専用ページから店舗と日時を選び、事前に予約・決済を済ませ、当日に来店します。

 対象となる店舗は、神戸市で運営される中小規模の飲食店で、飲食店はインターネット環境を提供できることが条件となります。ただ、スペースの貸し出し予約が成立した際に発生する手数料(利用料の30%)は、神戸市とスペースマーケットによって半額助成されます。

 料金体系委は、「どの席でも一律1時間100円」とWorkOnと同じコンセプトで、しかも安い(WorkOnは480円)わけですから、数多くの利用があるかもしれません。ただ、新型コロナ感染抑制策として、持ち込み可能なのは、お茶とお水のみで、複数人での会議のような利用は禁止とされています。

 スペースを提供する飲食店も「どの席でも一律1時間100円」では、参加意欲が高まらないかもしれません。仮に10時から20時まで席を利用してもらっても、売り上げは1,000円に過ぎませんので、店を開けるための人件費や手間を考えると、休業したほうがマシ、と判断する飲食店もありそうです。

 とはいえ、スペースマーケットという一事業者が、神戸市という公的組織とコラボすることで、新型コロナウイルス感染拡大や緊急事態宣言発令に苦しむ中小飲食店を支援する試みにはWorkOnも応援したいと思います。

 また、スペースマーケット・神戸市の試みによって、レンタルオフィス、シェアオフィス、バーチャルオフィス、カプセルオフィス、サテライトオフィス、ワーキングスペースといった新しい「働く場所」に関する認知がより多くの人々に広まれば、スペースマーケット(ひいてはWorkOn)にとって好ましいことと言えそうです。

 レンタルオフィス、シェアオフィス、バーチャルオフィス、カプセルオフィス、サテライトオフィス、ワーキングスペースなど、数多くの名称があるように、WorkOnに類似したサービスは、細かく見るとそれぞれ特徴が異なります。WorkOnは、あくまでWorkOnとして、WorkOnというサービスをより多くの方々にご認識いただき、従来型のワークスペースでもなければ、レンタルオフィス、シェアオフィス、バーチャルオフィス、カプセルオフィス、サテライトオフィス、ワーキングスペースでもない新しい働く場所として努力を続ける所存です。



新しいワークスペース WorkOn会員登録はコチラ【公式】

経済カテゴリの最新記事