緊急事態宣言が延長、町田の大型商業施設と公共施設の休業状況はどうなる

緊急事態宣言が延長、町田の大型商業施設と公共施設の休業状況はどうなる

 広域相模原・町田圏のビジネス&カルチャーニュースを報じるネット配信サービスの相模原町田経済新聞(https://machida.keizai.biz/)は5月11日、町田の大型商業施設と公共施設の休業状況を整理して報じています。

https://machida.keizai.biz/headline/3288/

 報道によると、町田駅周辺の大型商業施設は、緊急事態宣言の延長で5月12日以降も生活必需品などを扱う店舗を除いて休業となります。一方、公共施設は、図書館や屋外施設を一部制限付きで再開されます。

 大型店で営業している店舗は、小田急百貨店(食料品・化粧品・レストラン街)、町田東急ツインズ(食品売り場・東急ハンズ・ニトリ・ダイソー)、町田マルイ(シェアオフィス・食品売場など)、ルミネ町田(ベーカリー・眼科)です。カッコ内に記載されている店舗以外は休業のままです。

 ジョルナとミーナ町田は営業時間を短縮して全館営業しています。ミーナ町田は5月12日より、閉店時間を1時間延長して20時までに変更します。町田モディは全館休業です。南町田のグランベリーパークは食物販、ドラッグストア、サービス、テークアウトの飲食店などを除き全館休業していたが、12日より生活関連店舗やレストランを時間短縮して一部再開します。

 公共施設では、町田市立図書館が全館で5月12日~31日の間、開館時間を10時~17時として開館しています。館内の滞在時間を30分以内にするように呼びかけ、混雑時は入館制限をする予定です。

 JR町田駅改札すぐの町田マルイには、1階に勉強カフェ・町田マルイスタジオがあります。町田マルイは、緊急事態宣言中、営業テナントの多くを休業としていますが、勉強カフェ・町田マルイスタジオは営業をしています。

 勉強カフェ・町田マルイスタジオは、20代から50代の社会人中心の作業スペースです。 サテライトオフィスとして資格試験、語学の勉強場所としても利用されています。

 勉強カフェ・町田マルイスタジオは、電源、Wi-Fi、フリードリンクが完備されており、モニターや充電器、プリンターもあるので仕事のために利用することもできます。また、店内奥にはパーテーションで仕切られた個別のブース席もあり、集中して作業に取り組めるようになっています。

benkyocafe_machida1
https://www.benkyo-cafe.net/studio/machida-0101/

 緊急事態宣言とはいえ、町田駅周辺の大型商業施設や公共施設が休業されたことで町田の景気悪化が懸念されます。

 たとえば、JR町田駅南口の老舗ホテル・結婚式場として知られるラポール千寿閣は、2021年8月31日に閉館すると発表しました。ラポール千寿閣は、地元の千寿産業株式会社が約36年に渡り営業を続けてきた老舗ホテルです。当初はホテル2階にチャペルを併設していましたが、1992年に独立型チャペルが新築されました。このチャペルは、クラシックな趣で人気を集め、婚礼のほか、宴会、会議や法要などの利用でも利用されてきました。

 しかし新型コロナウイルス感染症が流行し、緊急事態宣言が発令されると、ホテルの宿泊客や施設の利用客が激減。今後も厳しい状況が続くとみられ、事業継続を断念したと推察されます。

 こうした宴会場を併設した大型ホテルの閉館は、2021年8月で終了する小田急ホテルセンチュリー相模大野に続き2軒目です。小田急ホテルセンチュリー相模大野は今後、施設規模を縮小し、宿泊特化型ホテルに転換される予定です。

senjyukaku_machida
https://www.hotel-rs.co.jp/stay/

 緊急事態宣言が終了したとしても、新型コロナウイルスとの戦いは、まだまだ続く見込みで、すべての事業者はコロナによるレジームチェンジを余儀なくされています。レジームチェンジは、WorkOnにも当然、求められています。

 WorkOnの1号店である新橋駅前店は、1回目の緊急事態宣言が発出された直後の2020年4月13日にオープンし、2号店の西友町田店は、まん延防止等重点措置が実施される直前の2021年3月30日にオープンしました。いずれの店舗も、新型コロナウイルスによる社会混乱のなかでスタートしています。

 このためか、WorkOnスタッフは、ちょっとしたトラブルで動ずることがなくなりつつあります(笑)。そして、WorkOn登録会員の皆様に、様々な困難に直面しながらも、どうやって快適な環境を提供できるかを考え続けるクセもついてきたと感じています。

 新しいワークスペースWorkOnは、従来型のワークスペースでもなければ、レンタルオフィス、シェアオフィス、バーチャルオフィス、カプセルオフィス、サテライトオフィス、ワーキングスペースでもない働く場所として、そして従来型の貸し会議室、ミーティングルーム、サロン、スタジオ、イベントスペースとは違う予約ルームという形式で、これからも皆様に貢献できるよう努力を続ける所存です。

新しいワークスペース WorkOn会員登録はコチラ【公式】

シェアオフィスカテゴリの最新記事