2020年5月

1/2ページ

資格取得のための勉強に集中したい:WorkOn利用例

 京橋の税理士事務所に勤めるアツシさんは、税理士を目指して日夜、勉強に励んでいます。税理士試験は5科目で構成されており、すべての科目で合格しないと税理士になれません。アツシさんは、すでに3科目で合格しているため、残り2科目です。今年こそは2科目とも合格したいと考えています。  アツシさんは実家暮らし。実家の最寄駅は大船です。普段は大船からJR東海道線で新橋駅まで行き、銀座線で京橋に向かいます。   […]

新型コロナが生み出す新しいニーズ

 緊急事態宣言が、東京を含む日本全域で解除されました。これにより人々は、緊急事態宣言が発令される前の生活様式(ライフスタイル)に戻しやすくなりました。そもそも、緊急事態宣言に伴う外出自粛などの行動制限には法的根拠がなく、緊急事態宣言下でも行動を抑制する法的必要性はありませんでした。このたび、緊急事態宣言は解除されたわけですから、人々が生活様式を元に戻しても不思議ではありません。  ただ、人々の動き […]

電源、高速Wi-Fi完備のWorkOn新橋駅前店を就活生に無料開放

 株式会社ロアが運営する新しいワーキングスペースWorkOn新橋駅前店(東京都港区新橋2丁目20-15、事業責任者・小林春興)は、新型コロナウイルスの感染拡大や経済活動の制限で苦しむ就活生を支援するため、2020年8月末までWorkOn新橋駅前店を無料で利用できるようにいたします。  現在、行政当局からの外出自粛を受けて、会社説明会や就職面談のオンライン化が加速しており、ネット接続環境を整備するこ […]

新型コロナが否定する教育の外部化・外注

 安倍首相は、全国の小中学校や高校などを対象に3月2日から臨時休校とするよう要請してから2ヶ月以上が経ちました。緊急事態宣言が解除された地域の一部では、5月18日から学校を再開する意向を示していますが、特定警戒都道府県に指定されている地域などでは、5月末まで学校を休校する方針が示されています。このため、多くの学校は、約3ヶ月間、休校が続く見通しです。  休校が3ヶ月近くも続くことから、各地域の教育 […]

経済と株価の乖離、新しい暮らしを示唆するシグナルか

 新型コロナウイルスの感染拡大で、経済活動が急速に縮小するなか、株価は持ち直しの様相を強めています。日経平均株価は、5月15日の終値が2万0037円47銭と2万円台を回復。3月19日に記録した安値(1万6358円)から22.5%も上昇しています。  もちろん株価は、新型コロナウイルスの感染拡大が問題視される前に比べれば、低い水準です。今年(2020年)の日経平均株価の高値は、1月20日に記録した2 […]

WEB面接で声が聞こえないように:WorkOn利用例

 浜松町の化粧品メーカーに勤めるヒロシさんは、リテール営業課の課長さん。40歳になったばかりで課長に就任した出世頭の一人です。取引先に関する知識も豊富で、いつも明るく誰とでも接するので、同僚や部下の多くから信頼されています。  会社では、5月の連休が終わると、部下との評価面接の時期に入ります。ヒロシさんも課のメンバー15人全員と評価面接をする必要があります。しかしヒロシさんにとって、この評価面接は […]

家庭不和になる在宅勤務を避けたい:WorkOn利用例

 専門商社に勤めるケンジさんは、緊急事態宣言を受けて4月半ばから在宅勤務を開始しました。当初は、勝どきにある自宅での勤務を楽しむ余裕が出てきましたが、次第に様子は変わり、今では在宅勤務からの解放を待ち望んでいます。  在宅勤務で気が重くなる理由の一つは、妻であるカオリさんも在宅勤務ということ。家庭では優しいカオリさんですが、仕事では非常に厳しいビジネスレディに変身。リビングで開催されるオンライン会 […]

知識経済の時代に価値を得るためには

 経済は、モノから情報、そして知識が大きい価値を持つようになっています。こうした経済を知識経済と呼ぶこともあります。  知識経済は、売れる商品が、モノから情報・知識になる、という意味だけではありません。自分が持つ知識の有無や多少(多い少ない)によって、得られる経済価値が異なるということも意味します。  政府は、新型コロナウイルスの影響を受ける事業主向けの支援策として、持続化給付金という制度を始めま […]

お昼くらいは一人で過ごしたい:WorkOn利用例

 内幸町で営業事務をしているミクさんは、ランチ後の過ごし方で少し悩んでいました。  ミクさんは、しっかり朝食を取ることもあって、ランチはいつも軽め。残ったお昼休みは、一人で雑誌を読んだり、スマホで動画を見たりして静かに過ごしたいのですが、いい場所が見つかりません。  以前は職場近くのカフェでランチの後に一人でお茶をしていたのですが、職場の同僚の姿が目に入ることもしばしば。たまに声をかけられることも […]

政府による支援が大きい社会

 新型コロナウイルスは、我々の経済を大きく変えました。経済はお金を通じて我々の生活を支えます。その経済が変わったということは、我々の生活も変わることになります。  わかりやすい一例が仕事でしょう。外出自粛や店舗の休業要請は、人々から多くの仕事を奪い取りました。いづれ、いくつかの店舗は再開されるかもしれませんが、これを機に閉店する店舗も少なくないでしょう。この結果、店舗の仕事は少なくなります。  一 […]