新型コロナウイルスの逆風続くシェアオフィス事業、シェアオフィス事業者の新たな戦略とは

新型コロナウイルスの逆風続くシェアオフィス事業、シェアオフィス事業者の新たな戦略とは

 貸会議室大手のティーケーピー(TKP)は4月14日、2021年2月期の連結決算を発表しました。最終損益は35億円の赤字(前の期は17億円の黒字)と、2005年の創業以来初の赤字。売上高は21%減の431億円、営業損益は24億円の赤字(前の期は63億円の黒字)と、こちらも創業以来初の減収減益となりました。

 売上高が2割以上も減少したのは、新型コロナウイルス感染拡大により、TKPの主力事業である貸会議室の利用が低迷したためです。営業損益は、第3四半期(2020年9月~11月期)に黒字化したものの、翌第4四半期(2020年12月~2021年2月)は2回目の緊急事態宣言の発令を主因に再び赤字化しています。

 TKPは、今後、注力する事業分野としてフレキシブルオフィス事業をあげています。同社のフレキシブルオフィス事業とは、創業以来の主軸事業である貸会議室に加え、コワーキングスペース、レンタルオフィスが含まれます。

tkp_regus
https://www.tkp.jp/business/ep_kaigishitsu.html

 TKPの貸会議室は、最新鋭のシステムを完備した大ホールからリーズナブルな小会議室まであり、イベント、展示会、国際会議、コンペティション、パーティー、記念式典、学会、株主総会といった大規模の用途から、社内会議、社員研修。入社式、内定式、採用面接、会社説明会、ミーティング、定例会議、朝礼、勉強会、緊急会議、分科会といった小規模まで想定されています。

 TKPのコワーキングスペース、レンタルオフィスは、2019年に買収した日本リージャスというブランドに加え、ビジネスセンター、SPACES(スペーシス)、オープンオフィスという独自ブランドもあります。用途は、1名用のオフィスから100名超のオフィスまで幅広く、設備もビジネスレベルのWi-Fiやオフィス家具が用意されています。また日本リージャスを中心に受付スタッフによる各種サービスも提供されています。

 TKPによると、コワーキングスペース、レンタルオフィスでの幅広いサービスにより、起業・独立、オフィス拡張、国内支店・営業所開設、グローバルビジネス対応、海外拠点開設、プロジェクトオフィス、業務改革、テレワーク推進も可能となります。

tkp_regus_kashikaigisitsu
https://www.regus-office.jp/service/meetingroom/meetingroom/

 

ただ、新型コロナウイルスの感染拡大という逆風は、今後もしばらく続きそうです。そのためTKPは、事実上の値下げ戦略を使って需要の獲得を狙っているように思えます。

 TKPは4月16日、リージャス、SPACESの両ブランドのレンタルオフィスにおいて、オフィス家具大手の内田洋行が提供するオフィス家具を、オフィス契約者1名あたり最大20万円相当分、契約者人数の総額分を実質無償とする「春のデザインオフィス(DesignYour Office)キャンペーン」を開始することを発表しました。TKPの発表によると、10 名以上で契約すると、購入済の家具購入総額のうち1名あたり20万円相当でオフィスの契約人数分の総額を契約期間の月数で按分した金額を、契約期間中の毎月のオフィスレンタル料から差し引いて還元するそうです。内田洋行限定とはいえ、家具購入費の一部が家賃に充当されるという値下げといえます。

tkp_regus_harunodesign
https://www.regus-office.jp/furniture_cpn/

 TKPに限らず、レンタルオフィスやシェアオフィスでは、ジワジワと値下げの動きがみられるようになりました。

 たとえば、WorkOn西友町田店の近くで運営されているBUSO AGORAという町田駅から徒歩3分にあるコワーキング&シェアオフィスでは、2021年4月15日〜30日までの期間限定で「1日利用無料キャンペーン」を実施しています。同キャンペーンでは、通常1,500円の1日利用料が、キャンペーン期間中は0円で利用できるそうです。

 BUSO AGORAは、飲食事業を中心に事業展開をするキープ・ウィルダイニングが運営している、事業相談もできるコワーキング&シェアオフィスで、50〜60名収容できる広く開放感のあるフリースペースに加え、商談スペースも設けられており、打ち合わせにも使いやすくなっています。また6〜8名収容の会議室、テレフォンボックス、ライブラリー、イベントスペースもあり、フリースペースでは、電話での通話やWeb会議もでき、途中入退室もできます。

 また、BUSO AGORA内には10種類以上のフリードリンクも用意されており、平日限定のワンコインランチや、本格カフェラテの提供もしています。当然、無線Wi-Fiと電源 は完備されています。

machida_busoagora
https://www.incubation-office-agora.com

 貸会議室大手のTKPや、町田で存在感もあるBUSO AGORAと比べるのは恐縮ですが、WorkOnも新型コロナウイルスという強敵に負けずに頑張っていきたいと考えています。新しいワークスペースWorkOnは、従来型のワークスペースでもなければ、レンタルオフィス、シェアオフィス、バーチャルオフィス、カプセルオフィス、サテライトオフィス、ワーキングスペースでもない働く場所として、そして従来型の貸し会議室、ミーティングルーム、サロン、スタジオ、イベントスペースとは違う予約ルームという形式で、これからも皆様に貢献できるよう努力を続ける所存です。

新しいワークスペース WorkOn会員登録はコチラ【公式】

シェアオフィスカテゴリの最新記事