定額パックのスタートが利用者の増加につながるか注目されるルノワール新橋日比谷口店のビジネスブース

定額パックのスタートが利用者の増加につながるか注目されるルノワール新橋日比谷口店のビジネスブース

 「喫茶室ルノアール」などを運営する株式会社銀座ルノアール(以下、ルノワール社)は、「喫茶室ルノアール 新橋日比谷口店」(以下、新橋日比谷口店)などで併設されているビジネスブースにて、「定額パック」のうち「3時間パック」(ビジネスブースを3時間使えるコース)を2021年3月15日よりスタートさせ、4月1日からは「6時間パック」(ビジネスブースを6時間使えるコース)をスタートさせることを公表しました。

 定額パックの料金は、3時間パックの場合、1,050円と飲み物代の合計(税込み)です。飲み物代は、ビジネスブースの利用の有無にかかわらず同じ料金ですので、1,050円がビジネスブースの料金となります。ビジネスブースの室料は、1時間あたり500円(税込み)ですので、3時間パックの場合、450円割り引かれることになります。なお、2杯目以降の飲み物は、コーヒーとティーに限り、何杯でも飲めるそうです。

 定額パックを利用する際には、直接店舗に行き、ルノワールの店員に利用の意向を伝えます。利用時間内は、入退室が自由で、別の席に移動する際には、改めて新規の予約をする必要があります。また延長は30分単位で申し込むことができます。

 定額パックが利用できるルノワールの店舗は、新横浜駅前店、新橋日比谷口店、新橋汐留口駅前店、四谷店、大久保店、銀座6丁目店、巣鴨駅前店の7店舗です。ビジネスブースの数は、新橋日比谷口店で7席、新橋汐留口駅前店で5席と、どの店舗でもビジネスブースの席数は比較的、多く用意されています。

 注意すべきは、新橋汐留口駅前店での定額パックの利用です。新橋汐留口駅前店での飲み物は、フリードリンク施設の利用となるため、フリードリンク施設利用料(660円)を支払う必要があります。その代わり、利用時間内は、好きな飲み物を何杯でも飲むことができます。

business_booth2

 ルノワールのビジネスブースは、一人での仕事に最適なワーキングスペースです。ビジネスブースは、個人で利用できる仕切られた空間となっており、コンセント(電源)、Wi-Fi、コピー機、無料ロッカー、新聞・雑誌、名刺アプリEightと連携したスキャナーが用意されています。ルノワール社は、ビジネスブースのことを、厚生労働省より発表された「新しい生活様式」を取り入れ、リモートワークやお一人での作業やお仕事に集中できる「安心」のスペースであると説明しています。

business_booth3

 以前に本ブログでもご紹介したように、WorkOnは、ルノワールのビジネスブースに大変興味を持っています。じつはWorkOnスタッフは、WorkOn新橋駅前店からも近い、新橋日比谷口店をたまに利用させていただいております(笑)。

新しいタイプの働く場所となりうるかもしれないルノワール新橋日比谷口店が3月19日オープン
https://workon.biz/blog/post-757/

 ちなみにWorkOnのスタッフが新橋日比谷口店で気に入っている飲み物は、「コールドクレマコーヒー」です。コールドクレマコーヒーは、さっぱりした味わいながら、泡立ちがすごく、苦みを感じることなく、まろやかで甘みのあるコーヒーとなっています。これはおススメです。

 新橋日比谷口店は、JR新橋駅日比谷口を出て、SL広場を超えて内幸町駅に向かい徒歩1分くらいのところです。WorkOnブログ「歴史的建造物「堀ビル」のシェアオフィス化をビジネスとして考える」https://workon.biz/blog/post-639/でもご紹介した堀ビルの近くになります。

 さて、話は戻りますが、ルノアール社は、2021年3月期(連結)の純利益が2009年3月期以来、12年ぶりの最終赤字になる見通しを発表するなど、業績が悪化しています。そこで、ルノアール社は、店舗閉鎖などコスト削減を進めるとともに、新型コロナ対応のためビジネスブースを推進しようとしています。

 ルノワールは、駅前に出店し、会社員の時間調整や休憩、商談などに利用されることを想定されていました。しかし、新型コロナの影響で、テレワークが普及し、外出自粛ムードが強まったほか、時短営業を強いられ、業績が悪化しています。ルノワール社としては、ビジネスブースの展開でリモートワークやテレワークに関する需要を取り込むことを狙っていると思われます。今回の定額パックの開始もビジネスブースの推進策の一つと言えそうです。

 WorkOnとルノワールは、飲食物の提供の有無など大きな違いがある一方で、働く場所として提供するという点では同業といえます。WorkOn新橋駅前店は、ルノワール新橋日比谷口店と新橋駅を挟んで反対側の新橋駅前ビル1号館に位置しますが、新橋に新しく表れた働く場所が増えることをWorkOnは歓迎したいと思います。

 ルノワール社の事業展開をみることで、自宅、オフィスを使い分ける働き方が増えると同時に、自宅でもなくオフィスでもない場所で働く、という新しい選択肢も増えつつあるように感じます。新しいワークスペースWorkOnは、従来型のワークスペースでもなければ、レンタルオフィス、シェアオフィス、バーチャルオフィス、カプセルオフィス、サテライトオフィス、ワーキングスペースでもない働く場所として、これからも皆様に貢献できるよう努力を続ける所存です。

新しいワークスペース WorkOn会員登録はコチラ【公式】

シェアオフィスカテゴリの最新記事